備品の売却 (3級-135回-第1問-3類題)

問題

備品の売却 (3級-135回-第1問-3類題)

 不用となった備品(取得原価¥100,000、減価償却累計額¥72,000、間接法で記帳)を期首に処分し、売却代金¥25,000は、後日、受け取ることとした。

解答

借方 金額 貸方 金額
備品減価償却累計額 72,000 備品 100,000
未収金 25,000
固定資産売却損 3,000

(*)日商簿記検定では、期首に売却した場合、1か月分の減価償却を行わないことを想定解答(正解)としているようです。そのように考えられる理由は、減価償却方法と残存価額がしめされていないからです。

着眼点

備品の売却 (3級-135回-第1問-3類題)

 不用となった備品(取得原価¥100,000減価償却累計額¥72,000間接法で記帳)を期首に処分し、売却代金¥25,000は、後日、受け取ることとした。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク